いろんな音楽を聴いてみてほしい。

こんばんわ。ヒデです。

本日はとある記事を読んで思ったことを書きます。これはずっとサボっていたブログを復活したきっかけになった一つでもあります。少し前の記事なんですが、ロッキングオン総編集長の山崎洋一郎氏の記事です。

音楽のリスナーには引退があると。昔はよく音楽を聴いたけど、ある時を境にぱったり聴かなくなったとか、よく分からない新しいアーティストを聴くくらいなら、よく知っている大好きなアーティストだけを聴いていたいとか。

引退した人が悪いわけではないけど、悲しいですよね。興味のある音楽が変わっていくことはあるけれど、自分は音楽を引退しようなんて思ったことは一度もないです。どんなに忙しくても音楽を聴き続けるでしょう。そう、NO MUSIC NO LIFEなんです。

なぜ新しい音楽に向き合わないのか

確かに周りでも新しい音楽に向き合わなくなった人は多いように思います。新しい音楽がその人に合う合わないとかいうのもあるとは思いますが、温故知新という言葉のように古い音楽も素晴らしいけど、それだけに留まってしまうのはもったいないなと思います。

情報が溢れかえる時代、何を取捨選択するか見極めるのは難しい。情報を取捨選択するだけの情熱が持てなくなったというのもあるかもしれませんね。それに音楽には興味はあるけど、自分が何を聴けばいいのか分からない人も多いんじゃないかと思います。うちの奥さんも言っていますが、どのアーティストを聴けば自分の好きなテイストの音楽が得られるのか分からないと。Apple MusicやYoutubeなんかで簡単に音楽が聴ける分、探し出すのが大変だったりしますよね。暇があったら音楽聴いてる自分だって知らない音楽だらけですからねー(笑)

いろんな音楽を聴いてみてほしい

同じ音楽を聴いても人それぞれ受け取り方は違います。自分が最高だと思った音楽が他の人には右から左に流れて行って、全く耳に残ってないってこともよくありますよね。昔聴いて、なんとも思わなかった曲が今聴いたら、めちゃめちゃよかったなんてこともよくあります。

音楽に限ったことじゃないと思いますが、知識の量やウンチクではなくて音楽が人の心にどう響くか、どう心が動かされるかが大事だと思います。いろんな音楽を聴いてみてほしい。だからこのブログでは音楽を紹介するときはジャンルにこだわらず、どんな時にどんな音楽を聴いて、どう感じたのか、自分の日常の中にある音楽を綴って行きたいなと思っています。

その中で興味を引いたり、それぞれに気に入った音楽が見つかれば幸いだと思っています。

音楽って嫌いな人ってそうはいないんじゃないかなと思っています。誰しも何かしら心に刻まれた音楽があるんじゃないかと思います。その人がその音楽を聴いて、どのように心が動かされたか、どんな想いがあるのか、そんな話を聞いてみたいです。そんな話を聞いたら自分の興味のなかった音楽にも興味が持てるように思う。

いつかそんなイベントやりたいと思います。

<今日の1曲♪>

福笑い/高橋優

この曲、大好きなんです。世界の共通言語は英語じゃなくて、笑顔だと思うっていう歌詞、ほんとそうだと思います。しかめっ面してたって、いいことないですもんね。人の笑顔を見ているとなんか幸せな気分になれますよね。だから自分もいつも笑顔でいようと思います。

ではまた!