ファンキーソウル☆ ~KC Roberts & The Live Revolution

こんばんわ。ヒデです。

4年前の夏の話。

とあるCDショップで流れてきた1曲。てっきりジャミロクワイの新曲かと思った。カッコいいなと思ってNow Playingをチェックしたらジャミロクワイじゃなかったんです(笑)

ファンキーソウル☆ ~KC Roberts & The Live Revolution

そのバンドの名前はKC Roberts & The  Live Revolution。カナダの8人組ファンキーソウルバンド。2014年に日本デビューを果たしまた。こちらは日本デビュー版となる日本編集盤。2013年の「Parkdale Funk 2:SIDES」からの曲と過去の代表曲が収録されています。

ホーンセクションを従えたファンキーでソウルフルなサウンドにロックやジャズ、ヒップホップがミックスされた枠を超えたサウンドが魅力的です。テクニカルな演奏もさらりとこなすところがニクイ奴らです。

曲紹介

1曲目、Drift Away
前述のCDでショップで流れて来たのがこの曲。
ジャミロクワイでしょ(笑)この曲だけでノックアウトです。

13曲目、Love Enough

切ないメロディとホーンの音色が心地よいメロウチューン。アルバムではロングバージョンで個人的はアルバムバージョンの曲展開がドラマチックで好きです。

カッコいい曲たくさんあるんですが、Youtubeにあんまり曲ないんですよね。ライブ映像があったのでこちらを貼っておきます。とりあえず2曲目くらいまで聴いてください。
オープニングのRivival 2010という曲、疾走感たっぷりのファンキーサウンドにラップが乗るめちゃめちゃカッコいい曲です。2曲目はContact。

時間があればたっぷり見ちゃってください(笑)演奏も上手いし、実際にライブ見てみたいですね。そして踊りたい!(笑)

私的まとめ

こちらの記事は旧ブログで3年前に書いたものを書き直しました。

当時、あまりのカッコ良さにブレイクするかと思ったんですが、今でもあまり知名度ないですね(笑)Apple Musicをチェックすると2017年に「From The North,Pt.2」というアルバムがリリースされてるようです。日本ではほとんど情報がないですが、Facebookのページ見るとライブやったり活動はしているようです。こういうカッコいいバンドはどんどん活躍してほしいですね。フジロックに呼んでくれないかなあ。

ではまた。