思わず心が弾むインディーポップ 〜Jeremy Messersmith/Late Stage Capitalism

こんばんわ。明日、ホワイトデーだということをすっかり忘れていたヒデです。

今日は暖かい一日でしたね。だんだんと春らしくなってきましたが、桜はもう少し先でしょうかねー。

さて本日は最近出たばかりのアルバムです。

Jeremy Messersmith「Late Stage Capitalism」

いや〜、これは今年のベスト10に残りそうな予感がします。ポップな感じが、これからの春にピッタリのアルバムです。

思わず心が弾むポップ職人

ピンクのバックに白いスーツに変なグラサンの髭面の男、妙にポップなジャケットです。アメリカのシンガソングライター、ジェレミー・メッサースミスの5枚目のフルアルバムです。優しく、柔らかいメロディーに繊細さと巧みなポップセンスを詰め込み、毎回、良質なインディーポップを届けてくれます。今回の新作も間違いないアルバムです。個人的にはジェレミー・メッサースミスと聞いただけで、思わず心が弾んでしまうポップ職人です。なんで日本でこんなに知名度が低いのか分かりません。もっと売れてもいいと思うんだけどなあ(笑)

曲紹介

1曲目、Purple Hearts

アルバム一曲目を飾るのは彼の3枚目のアルバムに入っている「Lazy bones」にも通じるウキウキ、キラーチューン。ポップなメロディーにストリングスが否応なしに気分を上げてくれます♪

4曲目、Postmodern Girl

珍しいボサノヴァ調の曲です。こういう曲も爽やかにこなしてしまうところがニクですね。

8曲目、Jim Bakker

ロックンロールな1曲もポップに味付けしてます!

私的まとめ

アコースティックな曲からボサノヴァ、ロックンロールまで多彩な音楽を彼のポップセンスでうまくまとめてます。アコースティックに始まり、最後アップテンポに盛り上がる7曲目の「Fast Times In Minnesota」なんかも秀逸です。

はっきり言って捨て曲なしです!

上述の「Lazy bones」が入っている3枚目のアルバム「The Reluctant  Graveyard」なんかもオススメです。

これから、暖かくなって外に出かける機会も増えてくると思います。こんな音楽とともに散歩なんていかがでしょうか。

ではまた!

Apples Musicで全曲視聴できます。