やっぱりフジロック絡みの話題

こんばんわ。ヒデです。

ここ最近、なんだかんだバタバタしていて、落ち着いたかと思ったら末っ子の風邪をもらって寝込んだりしておりました。そうこうしている間にフジロックの第10弾が発表されたり、梅雨が開けたり、ライブ観に行ったり、いろいろありましたので、ドバッとまとめて書きます。

フジロック第10弾出演アーティスト発表

まずはフジロック第10弾発表!と言っても今回はジェイムス・ベイがキャンセルでジョニー・マーが追加のアナウンス。

ジェイムス・ベイは新しいアルバムが良かったので、観たかったのだけど、スタークローラーを優先しようと思っていたので、これで心置きなくスタークローラーを観れます!

今回はタイテの発表かと思ったんですが、ここに来てキャンセルとかで調整してるところがあるんですかねー。次回に期待。今度の金曜あたりか。

100人が語るフジロック伝説

そして新しいフジロックの本が届きました。「100人が語るフジロック伝説」やっぱりフジロッカーとしてはフジロック絡みの書籍は読んでおきたい。

ゆっくり読む時間がなくて、少しずつ読んでますが、これがなかなか面白い。フジロックの楽しみ方は人それぞれ。自分の周りでもストイックに音楽を楽しむ人もいれば、音楽はよく知らないけれど雰囲気を楽しむ人もいる。自分は子供と一緒に行くようになってからはがっつり音楽だけという感じではなくなりましたね。ライブあんまり観てないっていう年もあったけど、それはそれでフジロックの楽しみ方。100人いれば100人の楽しみ方がある。そんな自由な空間が好き。

SARATOGAライブ

そして6/30日はヌーフェスへライブを見に行ってきました。フェスと言っても音楽主体のフェスではありません。10人の講師が主催するフェスセミナー。音楽好きとしてはライブ演奏もあって、音楽の力も重視してるところがよいですね。今回は講師としてうちの奥さんが参加してたこともあり、子供の面倒もあるので僕はライブだけチラッと参加しました。

今回のライブはフジロック2012年のフジロックにも出演したSARATOGAのディジュリドゥ奏者、鴫原哲也氏とシンセサイザーの藤川遊氏によるライブ。フジロックに出た当時は全然知りませんでしたが、youtubeに十数秒だけの動画があるのですが、それを観るとかなりの盛り上がりだったようです。

ライブの方は神秘的な雰囲気の静かな曲から始まり、電子音楽と民族楽器のコラボレーションによるダンスミュージックにグイグイ引き込まれて行きます。ここにドラムの音が入るともっと迫力あってすごいんだろうなあ。お客さんは普段こういうライブに慣れていないであろう方が多い中、最後にはみんな踊ってましたね。ライブ後に藤川さんとお話しした時に今日のライブは絶対事故ると思って死ぬ気で来ましたと言っていたのに笑いました(笑)

鴫原さんともお話しさせて頂いたのですが、ご自身でもフジロックに何度も行かれているそうです。2012年もストーンローゼズを観るためにチケットも買ってたそうですが、ライブがローゼズ終わりの苗場食堂ということで、セッティングしながら、聴こえてくる音だけ楽しんだそうです(笑)ちなみに今年は日程的にSARATOGAのライブと被ってて来れないそうです。またフジロックのステージに戻って来ることを祈っています。スマッシュさん、SARATOGA出してねー。

私的まとめ

結局、いろいろあったと言っても全部フジロック絡みの話題でしたね。なんだか最近ブログがほぼフジロックになってます(汗)

フジロック出演アーティストの方とお話しできると言うのもなかなか貴重な機会でございました。もっと酒飲みながら話したかったなあ(笑)

しかし、風邪による体調不良がフジロックの前でよかった。これで風邪の免疫ついたし、バッチリです。この勢いで家族みんなかかっちゃえば安心なのに(笑)

ではまた!